さくら・みずほ用N700系

東海道・山陽新幹線と九州新幹線を乗り継いでもエクスプレス予約のグリーンプログラムのポイントをもらうたった1つの方法

東海道・山陽新幹線のWeb予約サービス「エクスプレス予約」。

ひかりのグリーン車が普通車とほぼ同額で乗れたり、

新幹線で東京〜新大阪を移動するならEXグリーン早特の「ひかり」がおすすめ



東京での地下鉄が乗り放題になるTokyo Subway Ticketが買えたりと

エクスプレス予約・スマートEXで新幹線に乗ると「Tokyo Subway Ticket」が買えるよ



いろいろお得なんですが、エクスプレス予約のうち、JR東海エクスプレス・カード、JR西日本J-WESTカード(エクスプレス)、JR東日本ビューカード決済のものには「グリーンプログラム」というものがあります。

東海道・山陽新幹線の乗車区間ごとにポイントが貯まり(例:新大阪ー東京は90ポイント)、600ポイントでこだま、800ポイントでひかり、1,000ポイントでのぞみのグリーン車に普通車指定席と同じ価格で乗ることができます。

九州新幹線に乗り継ぐとグリーンプログラムのポイントが貯められない

ところが、エクスプレス予約もグリーンプログラムも東海道・山陽新幹線で完結する区間だけが対象。

博多を超えて九州新幹線に入るとエクスプレス予約もグリーンプログラムも使えず、たとえ新大阪ー博多を利用したとしても対象外になってしまいます。

ところがところが、新大阪ー博多部分だけでもグリーンプログラムを適用させる方法があるんです!

解決法は特急券を博多で分ける

その方法は特急券を博多で分ける。それだけです。

いや、でも特急券分けたら高くなるんじゃない?
確かに、東京ー新大阪、新大阪ー博多で特急券を分けた場合、通しで買った時よりも高くなります。

通常、東京ー博多の特急券は7,500円。

東京ー新大阪は4,820円、新大阪ー博多は3,630円で
合計すると8,450円となり、950円高くなります。
(いずれもe特急券普通車指定席の価格)

これは東海道・山陽新幹線の特急料金が一体で計算されるためです。

ところが九州新幹線特急料金は東海道・山陽新幹線とは別扱い。山陽新幹線と九州新幹線を乗り継ぐとそれぞれの区間の自由席特急券料金+520円で指定席特急券が購入できますが、それ以外の割引はありません。

そもそもエクスプレス予約では安価(自由席特急券と同額)で指定席特急券が買えるので、同様の割引は意味を成しません。

新大阪・新神戸ー鹿児島中央の特急料金は8,050円。

下の写真は実際に乗った時のきっぷですが、
新神戸ー博多3,630円と博多ー鹿児島中央4,420円、合計すると通しと同じ8,050円になります。

同じ座席の2枚の特急券 ならば、エクスプレス予約が使える東京ー博多はエクスプレス予約で、博多ー鹿児島中央の九州新幹線部分は別で特急券を買えば、エクスプレス予約のグリーンプログラム分がしっかり適用されますし、金額も一緒。

九州新幹線部分に関してはJR西日本のe5489やJR九州のネット予約を使って、エクスプレス予約でとった同じ指定席を確保すれば通しで乗車することができます
(もちろん両方とも自由席特急券なら座席指定の必要はありません)

注意点

エクスプレス予約に対応しない九州新幹線の駅ではエクスプレス予約の発券ができません
なので、通しで乗る場合は予め東海道・山陽新幹線の駅で発券しておく必要があります

僕もその術中にはまり、鹿児島中央から新神戸へ戻るのに、一旦博多で降りて発券し直す羽目になりました。

列車を別々にした特急券 また、降車時の改札機が対応していません(乗車時は乗車駅を含む特急券を乗車券と重ねて入れればOK)ので、有人改札を通る必要があります
(ひょっとしたら、降車駅の特急券と2枚重ねで行けたのかもしれませんが、そこは試していません)

ひと手間かければ、列車を変えず途中で降りることもなく普通に乗れる

もし今回この方法で乗らなかったら新神戸ー博多の110ポイントが加算されず、往復220ポイント分が失われてしまうところでした。
このポイントがきちんと加算されたことで、1年半の期間内に1,000ポイント貯まり「のぞみ」のグリーン車に乗車できました。

少しめんどくさいですが、ひと手間かければ列車を変えず途中で降りることもなく普通に乗れます。

東海道・山陽新幹線と九州新幹線良くまたがって乗るけど、ポイント貯まらないのもったいないな~と思っている人は
ぜひこの方法を試してみてください。

LINEで送る
Pocket

Related Posts & ADs