大阪モノレールの駅構内にある「mono drink」はちょっとした充電やノマドワークに最強のスペース

大阪空港駅のmono drinkから見た大阪国際空港楽しくはたらく
この記事は約2分で読めます。

こんにちは、日経オフィスパスの会員でいろんなスペースで仕事をしている山﨑謙です。

以前、日経オフィスパスを関西で使った感想の記事で「全国で利用できるものの関西では使えるスペースが少ない」ということを書きました。

「日経オフィスパス」を関西で1ヶ月使ってみた感想と使ってよかったスペースを紹介
全国200以上のコワーキングスペースやシェアオフィスで使える「日経オフィスパス」を関西で1ヶ月使ってみた感想と、使ってよかったスペースを紹介しています。

関西にはそれ以外にも素敵なコワーキングスペースがあるんですが、ドロップインという1日だけ利用できないところもあったり、費用が高かったりするところもありますし、Wi-Fiや電源があるカフェを探すのもなかなか大変ですよね。

そんな時私はどうしているかというと、とりあえず駅に行きます。

というのもコンセントがあるかどうかは別にして、駅構内にセキュリティのかかったWi-Fiが飛んでるところが多いからなんですね。

その中でも関西で最強だと思うのが、大阪モノレールの各駅にある「mono drink」です。

おそらく駅ナカ最強のWi-Fi・電源スペース

大阪空港と門真市をぐるーっと半円状に結ぶ大阪モノレール。

▼大阪モノレールの車両

大阪モノレールの車両

大阪モノレール各駅ホーム下のコンコースには「mono drink」というスペースがあります。

これがすごい。

駅構内なんでWi-Fiが飛んでいるのはもちろんなんですが、USBとコンセントが完備された休憩スペースになっています。

▼蛍池駅の「mono drink」

蛍池駅のmono drink全景

蛍池駅のmono drink全景その2

▼コンセントとUSBが完備されています。しかもスマホ置きまで!

蛍池駅のmono drinkのコンセント

▼一方こちらは大阪空港駅の「mono drink」。フリーではないですがドリンクの自販機も完備。

大阪空港駅のmono drink全景

大阪空港駅のmono drink全景その2

▼こちらもコンセントとUSB完備

大阪空港駅のmono drinkランプシェードとコンセント

▼大阪国際空港を臨む

大阪空港駅のmono drinkから見た大阪国際空港

▼Wi-Fiも飛んでます

mono drinkで飛んでるWi-Fi一覧ステッカー

iPhoneに表示されている飛んでるWi-Fiの一覧

オープンスペースなので、ちょっと寒かったり暑かったりしますが、それでも快適なスペースが確保されています。

しかもモノレールに乗るのなら無料で使えてしまうのがすごい。

「スマホの充電が足りない」「ちょっと作業したい」という時に有効に使えるスペースなので、モノレールに乗る時はぜひ覚えておきましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました