カテゴリー整理中のため、リンクが切れている場合があります。

千葉の金谷で「ヨッセンス」のヨスさん「ノマド的節約術」の松本さんの話を聞いて、やっぱり「人」が大事と思った

ヨスさん松本さん池ちゃん イベントレポ




3月21日春分の日、こんなイベントがありました。


ヨッセンス英語びよりのヨスさん、そしてこの2月から僕もライターとして関わらせていただいているノマド的節約術の松本さん。

このお二人が千葉・金谷のまるもに来ると!

松本さんとは年1くらいで会っていて、ヨスさんは会ったことはないけどTwitterではフォローさせてもらっていて、勝手に近しいものを感じて、ずっと会いたいなぁと思っていた人でした。

ちなみにヨスさんは香川、松本さんは神戸。で僕は西宮…。

map 真ん中あたりで会えば2時間弱で会える距離。
別に千葉の金谷で会わんでも。。

でも、ここでしかこの時間でしか聞けない話があると思ったし、まるもも去年7月に週末フリーランス講座で訪問していて「また行きたいなぁ」と思っていたこともあり、日帰りで行ってきました。


スポンサーリンク

ランチしながらお話

7時前の新幹線に乗って、電車・バス・フェリーを乗り継いで12時過ぎに金谷到着。

金谷に到着。まだ2回目やのにただいま感あるなぁ。

A post shared by Ken Yamasaki (@kenfm) on


まるもで自己紹介の後、向かいにあるPizza GONZOへ。ピザめっちゃおいしかった!

▼Pizza GONZOのデザートピザ
Pizza GONZOのデザートピザ
▼デザートピザの写真を撮るヨスさんと松本さん
Pizza GONZOでランチ
ランチの時にヨスさんとお話させてもらったけど、僕の得意技というか、悪い癖というか、初対面じゃない感を早速出してしまって…。

本当に初対面かってくらいのやりとりをして楽しかった。めっちゃ笑った。

「アホ・頭おかしい」は誉め言葉

その時にヨスさんと話してたのは「アホとか頭おかしいとかって誉め言葉ですよね」という話。

こうやって文字にしてしまうとすごくキツく見えるけど、関西人は「おまえアホやなぁ…」とか「それおまえあったまおかしいやろ〜」とかをわりと普通に愛をもって言う。

若い時とかは真に受けて嫌やなぁと思ってた時期もあったけど、今は本当「誉め言葉」やなぁと思う。

個人が発信できるようになってからは強みにもできるし、この傾向はより強くなった気がする。

物事は時代と捉え方で変わるんやなぁ。
前向きに捉えられるようになってよかったし、何よりヨスさんと感覚が近くてよかった。

身体を鍛えられる人はPDCAができてる

ランチの時に一緒だった人に元まるものスタッフで、今はブロガーで山梨に宿泊型のコワーキングペースを作ろうとしている鈴木太郎さんが居た。

太郎さんは英語が得意で世界一周したり、フランスにワーホリに行って1年間で350万円貯めたり、ブログで月収250万円達成したりと「なんで受講者やねん」と思うくらいすごい。

あとパッと見で身体がムキムキなんがわかった。
そこでピンと来た。「この人できる人やわ」と。

身体鍛えられる人はしっかり結果を出せる人だと思っている。
きっちりPDCA回せた結果がその身体なわけで、それをすべてに応用すれば自ずと結果は出るから。

かたや毎回ダイエットするって言ってる人はずっとPPPPDPPPPなはず…。
僕もどっちかというとPPPPDPPPPな人なので、これは見習わなあかんなと。

ちなみに山梨に作ろうとしている宿泊型コワーキングスペースにはジムも併設するそう。
できたらぜひ行ってみたい。

ランチ後まるものみなさんと

ランチの後、少しインターバルがあり、ソファでまるもの人たちと喋った。

2018年7月週末フリーランス講座の時に会った、デザイナーのあずさちゃん
まさかまさかの家の近所の大学出身のまるおかさん
実家が吹田のスーパーSatakeの近く、天パくん
そして、パラレルワーカー小太りさん

いろいろ楽しく話してたけど、喋っている中で「千葉の関西、金谷」発言が飛び出す。
金谷、特にまるもに関わる人は関西人が多いらしい。

そして、僕の裸足の師匠イカ太郎さんと再会!
見つけるなり「けんちゃーん」と抱きしめてくれた。うれしかった。

初対面なのにいろいろ喋ってくれて、まだ2回目なのに再会がうれしい。
まるもの魅力はこれだ。人だ。人がみんなステキなんだ。

ヨスさんと松本さんの話

ヨスさん松本さん池ちゃん 本編始まるの忘れるくらいになってしまって、呼ばれてあわててとなりの部屋に。

有料のイベントだったこともあり、詳しくは書けないけどまぁすごい話の連続。。
松本さんとは比較的会ってお話するほうだけど、それでも「はー、そうですかー、すげー」と思うことばっかり。

やっぱりここまで来てよかったなぁと実感。

ヨスさんはネットショップの店長をやられてたこともあり、ある程度狙うこともあるともおっしゃっていたけど、基本的にはお二人とも収益とかは考えてなくて、読者のことを常に考えているとのこと。

「人が求めることを書いていたらアクセス増えた」
「自分がアホやと思えば何でもすごいと思える。そのことがネタになる」(松本さん)


「自分の知ってることをドヤ顔で教えたい!教えるのが好き」
「自分が書くべきかどうか。熱い記事ができるか」(ヨスさん)


「(文字数とかSEOとかテクニックはあるけどそれよりも)人が探すからまずそれを考えたほうがいい」ともおっしゃっていて、読者、書き手、あとはアフィリエイトの担当者まで、とにかく「人」が大事ってことをしきりにおっしゃっていたのが印象的でした。

ヨスさんの時短術がすごかった

本編では話あまり出なかったんですけど、フリータイムの時にヨスさんが発揮していた時短術がハンパなかった!


テクニックって人のためじゃなくて自分のために使うもんなんやなぁと思いました。

詳しくは4月20日に発売される書籍に全部載る(208ページ!)らしいので、ぜひ今から予約を。


僕即ポチりました。

いろいろある

松本さんとは割と会えるほうだし、そんなに話してないんですけれど、なんでか「いろいろあるよねぇ…」って話をしていました。

松本さんとはもう出会って7年くらい経ってて、ようやく最近一緒に仕事できるようになって、本当いろいろ感慨深くて…。


何が基準になるのかは人それぞれだけれど、うまく行ってるように見えてもどこかしら大変だったり、悩みがあったりはするもんやなぁと。

結局ここに来ている人たちだって、どこかしらで大変な経験をして、もっと良くしたいって想いをもってこの場所に来ているはずで、もし順風満帆だったらそんなこと思ったり、この場所に魅力を感じないはず。

「いろいろある」人たちが集まるから優しいし強い。そんな気がしました。
marumo

後ろ髪引かれながら帰路へ

楽しい時間はあっという間に過ぎ、「泊まったらええやん」とも言ってもらえたのですが、翌日も仕事なのでパーティーには参加せず17時20分のフェリーで帰ることに。

ferry パーティーの様子が本当に楽しそうで「行けばよかったなぁ」とも思ったけど、深夜に帰って来て寝て翌朝妻と娘が仕事に行くのを見送ってくれて「やっぱり帰ってきてよかったなぁ」と感じました。

少しホッとした

今回まるもでヨスさんと松本さんの話を聞けて、そして合間で関わってくれた人たちが居て、本当に行ってよかったなぁと思いました。

というのも、日々楽しくやらせてもらってはいるものの、どうしてもうまくいかないこともあって、しかもそれをきちんと進めることができないもどかしさをずっと感じていました。

人と会わず、ネット上だけのやりとり見てたりすると焦るんですよね。

今の若い人めっちゃ優秀やし、自分と同じ環境でもうまく時間をつくって物事を進めている人たちで溢れていてどんどん置いていかれている気がする。

焦るとテクニックに走っちゃうし、真っ当な判断ができなくなって変なもの掴んじゃったりしちゃうけど、それひっくるめて「いろいろある」なぁと。

すごく見える人も悩みは抱えているし、自分をアホやと思っている。なんならアホは誉め言葉やって言う…(笑)。

その上で今自分が置かれているところを考えると「アホ・頭おかしいは誉め言葉」と「いろいろあるよねぇ」にはすごく救われました。

そして「人」が大事ってのもなんだかうれしかった。

今の仕事でも「人」を大事にしようとはずっと思っていて、懇意にしていた人が異動したとしても、その異動先にアプローチできるんだったら極力会いに行っていて、それを5年ずっと続けてる。

定点観測はできないから、数字の上での統計はとれないんだけれど、それでもやっぱりその人に会いたい。

果たしてそれがいいのかどうかずっと悩んでいたけれど、今回のことで明確に「それでよかったんだ」と思いました。

あとは自分にできることをしっかりやること。
今回のまるも訪問も前に進む力をもらいました。

書いた人
山﨑 謙

1978年4月11日 大阪・高槻生まれ 西宮市在住

某スマートフォンのフィールドトレーナーとして関西を中心に全国で活動。鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使うほど。
本業以外にも喋ることが好きでイベントの司会をしたり、移動で得た知識を活用してライターとしても活動しています。

山﨑 謙をフォローする
スポンサーリンク
スポンサーリンク




イベントレポ
山﨑 謙をフォローする

関連する記事と広告


★ken.fm★