テレワーク(リモートワーク)を考える会に行って来た

テレワーク(リモートワーク)を考える会に行って来た

昨日仕事終わりで神戸のコワーキングスペース「カフーツ」で行われた「テレワーク(リモートワーク)を考える会」に行って来ました。

参加した理由:働き方を変えないといけない時期に来た気がする

別に今の仕事に不満があるわけではないし(結構いろいろ融通きかせてもらってるし、休みたい時に休ませてもらってる)むしろ人と喋れて、知らないことを教えることができて、プレゼンができて、移動も多くて楽しくて、この上ない仕事なんですけど、娘が生まれてからは娘や妻と居る時間を大事にしたいと思うようになって、でもそれには今の仕事では難しい…。
だからテレワークやリモートワークでできる仕事ができたらいいなと。

事例1:副業可能な企業が増えている

この日ちょうどニュースになっていたのが、神戸市が市職員の副業を認めるというニュース。(しかもちょうど神戸市の方もいらっしゃってた!)
▶︎神戸市、職員の副業推進 NPOなどで|日本経済新聞

行政が職員の副業を認めるくらい、世の中の働き方が変わってきていて、副業を認めている会社も多くあります。

複業OKな企業 場所にとらわれない働き方をするリモートワーカーが全世界的に増える傾向にあるそうで、リモートワーク先進国のアメリカでは会社員の43%がリモートワーカーとのこと。
日本は遅れているけど、副業を認める会社が増えていく傾向にあるのでこれから確実に増えてくるとのこと。

事例2:地方での取り組み

場所にとらわれない働き方ができるということは、どこででも仕事ができるということ。
移住促進の一貫として自治体がお試しでその地域に住んでもらうイベントを開催したり、シェアハウスとコワーキングスペースが一緒になった施設で合宿形式のフリーランス養成講座が開催されたりと、いろんな地域でいろんな取り組みがなされています。

コワーキングツアー

今回のイベントが行われた「カフーツ」のあるじ、伊藤富雄さんは▶コワーキング協同組合の長でもあり、2011年からコワーキングのイベントやUstream(懐かしい)を一緒やらせてもらったり、僕が今の仕事に就くきっかけをつくってくれたおひとりなんですが、今全国のコワーキングスペースを回るツアーをやってらっしゃいます。

View story at Medium.com
各地のコワーキングスペースレポート
▶コワーキング協同組合|トイロハ

そんなツアーの中で訪れた徳島の美馬市(脇町)で


出会われた面白い取り組みをされているお4方が今回いらっしゃってました。

ハンモサーフィン協会のみなさん

代表の柴田さん。大阪出身で心斎橋にライブハウスをいくつか持ってはったらしい。現在は美馬市脇町にある「のどけや」というゲストハウス(のどけやのページ見たらミュージシャンって書いてた!)と「ゼロイチライフ」という現実と仮想を融合した半リアル半ゲームなコンテンツも作ってらっしゃる。
柴田さん 主にお話してくれた田村さん。新神戸在住だけど、脇町で「フナトト」というカフェもやってらっしゃって二拠点で活動。
田村さん 高松が主な活動場所の長町さん。本職は歯科技工士なのに、外国人観光客に魚市場とかを案内したりしてて「ワンダフルトシ」と呼ばれるくらい人気のホストさん。最近香港の方とご結婚。
長町さん 三好市(阿波池田)が拠点の西﨑さん。heso campというワークスペースとゲストハウス、heso salonというカフェバーをやってらっしゃる。最近「往来」という会社を設立。
西﨑さん この4人で「ハンモサーフィン協会」という空き家を会員同士でリノベーションして、共遊別荘として利活用。そこでできたコミュニティを点在する別荘同士でも広げていくという活動を行ってらっしゃるとのこと。

ハンモサーフィン協会

2017/3/13〜15に脇町でテレワークの実証実験開催

今回、美馬市脇町で行われるテレワークの実証実験の参加者を募集するために4人は来られているそう。

テレワーク募集要項 聞くと美馬市脇町は徳島県の中部清流吉野川に面し、美しい山に囲まれた古いうだつの町並みのある地方の田舎町ではあるものの、

美馬市脇町の紹介 ネット環境が整備され、ゲストハウスやワークスペースも数多くあるとのこと。
また国道のバイパス沿いにはスーパーや家電量販店、マクドナルドなんかもあって、単なる田舎町ではなく、都会のジャンキーさも味わえるとのこと。

脇町で試そう いいなぁ。行きたいけど、僕の場合移動して仕事はしているけど、場所は相手マターだからなぁ…。
それこそ副業で時間と場所を選ばない仕事をつくるしかないよなぁ。

「移動」から「移働」へ

清流吉野川に面しているということもあり、コワーキングツアーでの伊藤さんはカヌーに乗ってました。

View story at Medium.com
協働してする仕事と休暇をミックスすることを「コワーケーション」(コワーキング+バケーション)と言うらしい。
そういや、出張先で余暇をとる「ブリージャー」って動きもありますね。
▶出張先で休暇、欧米で広がる 国内企業も奨励の動き|朝日新聞デジタル

限りなく仕事と休暇がミックスされてくると「移動」も「移働」になると。

View story at Medium.com
田村さんが紹介されていたスライドにもありましたが、
「自分が移動すれば、訪問先の相手もやってくる。情報だけでなく物と人の行き来が活発化」
「地域資源と地元と外部の知恵が結集」
「移働」の良さはここに集約されるような気がしました。

脇町での働き方 距離と時間を自由にしてくれる働き方、実現させたいと強く思ったイベントでした。

LINEで送る
Pocket