「シゴトヒト2days」に行って来た

イベントレポ
この記事は約3分で読めます。

この土日、奈良県立図書情報館で行われた「シゴトヒト2days」に参加してきた。

本題の話の前に行くことになったいきさつを少しお話ししたい。
去年の6月、三宮のジュンク堂でたまたまフェリシモの「神戸学校」のリーフレットを見つけ、
「働くこと・生きること」というタイトルに惹かれ、西村佳哲さんの話を聞きに行き、
速攻で「自分の仕事をつくる」「自分をいかして生きる」の二冊を買って読んだ。

それとは別に去年の9月、名古屋のコワーキングスペースMY CAFEに行った時に会った
スズハシの大橋さんに「今度大阪でこんなイベントあるんすよ」と教えてもらったのが「CIY4117」。
そのイベントを取り仕切っていたのが事編のアサダさん。
「越後屋」というくるりのレーベルから出てきたバンドのドラムやってた人で
僕はCDを持っていたので、すんなり挨拶することができた(笑)。
まさかこんな形で会うことになるなんて。

そして去年の暮れ。奈良のcafe WAKAKUSA
コワーキングスタートレセプションパーティーで図書情報館の乾さんにお会いし、
西村さんやアサダさんの話をしてたら、アサダさんとも知り合いで西村さんとは図書情報館で
3年ほど一緒にイベント(「自分の仕事を考える三日間」)をしていて、今度本が出ると。
そんな話をした上で「2/11,12でイベントをやるので良かったら来てください」とお誘いを受けた。
行かない訳がない(笑)。
まさに点と点とが結ばれて行くなんともソーシャルな体験をした上でこのイベントに参加したのだった。

20120215-083156.jpg
前置きがかなり長くなったが、イベント自体の話。
失礼ながら、今回のイベントに出ていたすべての方を僕は存じ上げなかった。
いや、CIY4117の時もそうだったかな?
でも何だろうか、ゲストの方も参加者もみんな同じ方向を向いているというのか、
手段は違えども同じ方向に進もうとしている人たちなんだなってことはすぐにわかった。

特に今回出ていた方々

東京仕事百貨:中村さん
つむぎや:友廣さん
まちライブラリー:礒井さん
仏生山温泉:岡さん
土遊野:橋本さん
greenz.jp:兼松さん
140B:大迫さん
福島屋:福島さん

皆さん実に自然体で自分のできる範囲でできることをしてらっしゃるなと。
無理をしていないというか。
こういうイベントに出てくる人たちはもちろんすごい人たちなんだけれども、
いい意味ですごさを感じさせない。雲の上の人って感じさせない。

ただひとつひとつの言葉はビビッドで心にグサグサ刺さる。
礒井さん「ゆるくやればやるほど強い構造体ができる」
岡さん「ルールを決めない。させられてる感、縛られてる感が嫌」
橋本さん「我々人も自然の一部。自然と人は対比するものではない」
兼松さん「座右の問い」「コンステレーション」
大迫さん「良い球を投げてあげる」
福島さん「環境を整えることに注力する」

多分、話聞いた人それぞれで心に響いた言葉は違うと思うけど、
僕が響いてささっと書けたのはこんな感じ。

僕も自分が今居る環境を見つめ直して行こう。
自分が無理しない程度にできることはなんだろうか?
自給自足で仕事をしていくためにはどうすればいいんだろうか?
しっかり考えて地道に活動して行こう。

書いた人

1978年4月11日 大阪府高槻市生まれ 兵庫県西宮市在住

「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。
鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使ったほど。最近は飛行機にもハマる。
2019年から複職人に。移動系記事のライターをやってますが、喋ることが好きでイベントの司会も。

山﨑 謙をフォローする
イベントレポ
山﨑 謙をフォローする

関連する記事と広告

★ken.fm★

コメント

タイトルとURLをコピーしました