NASの導入を考える。

この記事は約2分で読めます。

4/24の「次期MacBook Airの購入を考える。」に引き続く考えるシリーズ第2弾(笑)。
今回はNAS=Network Attached Storageです。

NASを導入したい理由は以下の通り。
現状と将来の展望に分けて書きます。

●現状
PowerMac G4 MDD
そろそろ電源系統がやばそう…。しかもバックアップするところなしとなると
いきなり全データが消えてしまうという恐ろしいことになるかも…。

妻のMebius
音楽の趣味が合うので、iTunesに入れているデータはMDDとほぼ同じ。
その部分の無駄をなくしたいなー。

実家のMac mini
Boot CampでMacとWindowsを半々で区切っているのですが、
Windows使いの実家の皆様のデータでもうHDDが満杯。
バックアップもとれないので、割り当て容量を変えることもできず、
身動きとれん状態。

●将来の展望
MacBook Air
SSDの容量が13inchのモデルで最大256GB(現行モデル)。
できるだけ本体には保存せずに使いたい。

以上の理由からNASを導入したほうがいいなぁと思っている訳です。
となると条件は以下の通り。

MacとWindows両方で利用可能
外出先からでもアクセスできる
iPhoneでもアクセスできる
せっかくなのでTime Capsule使えたらいいな

いろいろググっては見ているのですが、あまりこれといったものがない感じですね。
BuffaloとI.O.DATAだったらなんとなくBuffaloのほうが良さそうなんかな。
でもレビュー見てるとあんまりな感じもしますし。
あとは、Pogoplugだっけ?これもなんか未知な感じやしなぁ。

まぁ、発展途上のサービスなんで、仕方ないところなのかもしれませんが…。
ちょっといろいろ探してみて、うまく活用できたらいいなーと思っています。

書いた人

1978年4月11日 大阪府高槻市生まれ 兵庫県西宮市在住

「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。
鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使ったほど。最近は飛行機にもハマる。
2019年から複職人に。移動系記事のライターをやってますが、喋ることが好きでイベントの司会も。

山﨑 謙をフォローする
Mac
山﨑 謙をフォローする

関連する記事と広告

★ken.fm★

コメント

タイトルとURLをコピーしました