保証が切れたRakuten Miniの背面パネルが急に浮いてきちゃったので無償で交換してもらった話

背面パネルが浮いた状態のRakuten Mini。こうすりゃいいのか
この記事は約7分で読めます。

2020年4月、おサイフケータイ用機としてクリムゾンレッドが出たタイミングで購入したRakuten Mini。メインはBIC SIMが刺さってるiPhone 8 Plusですが、Rakuten Miniも一緒に持ち歩いています。

おサイフケータイ用として買ったものの実際の用途は、Rakuten Linkを使った無料通話とBIC SIMのデータ量が足りなくなったときのモバイルルーター、ICカードの利用履歴および残高確認、楽天Edyへのクレジットチャージで、設定はしているもののおサイフケータイとしては全く使っていません(苦笑)。

何の問題もなく使っていたのですが、急に背面パネルが浮いてきてしまったので、交換してもらうまでの手順を記録しました。

持った時に違和感を感じ、背面を見ると背面パネルが浮いている…。

購入からちょうど1年3ヶ月の7月25日、その日もいつもどおりRakuten Miniも持って出かけたのですが、持った時に違和感を感じ、背面を見てみるとなんとびっくり!パネルが浮いていました…。

背面パネルが浮いた状態のRakuten Mini。
背面パネルが浮いた状態のRakuten Mini。

10年以上前に携帯ショップの副店長をやっていた時の経験から「外装に傷はないし、これは電池パックが膨らんどるな」と察知して楽天モバイルのチャットに問い合わせたところ、050からはじまる故障・修理を受け付けるセンターに電話してくれとのことで、家に帰ってから電話しました。

「050」だが意外にすぐつながる故障・修理受付

「故障・修理受付の電話番号が『050』て…」と思いながらも電話をかけ、ガイダンスで何回か数字を選択。本人確認用に電話番号と暗証番号を入力。時間がかかる。

「Rakuten Linkの無料通話分をここで賄っとるな…。たぶんオペレーターにつながるのにも時間かかるんやろ…」と高をくくっていたところ、間髪入れずにオペレーターにつながってめっちゃあわてる…。そしてパネルの件をお伝え。

怪我はないか、ほかにおかしいところはないかを確認してくれた後、口頭での本人確認(名前・生年月日・住所)と持っている端末のIMEIを伝える。

「購入から1年以上経っているので、ちょっと確認しますね。」と保留の後、無償で交換機を送ってくれることになりました。

交換機受け取ってデータとeSIMの移行を行った後、送られてきた箱を使って今使ってる端末を送り返してくれればOKとのこと。

保証が切れているので、仮に申し出た事象が確認できなかった場合は税込18,000円、14日以内に返送されなかった場合には税込22,000円がかかる。事象が確認できなった場合は、その旨連絡があり、毎月の支払いに加算されるとのことでした。

交換機の送付先となる住所をあらためて伝えて手続きは終了。

ここまで電話かけてから15分ほど、オペレーターさんとのやりとりは10分ちょっとでした。日曜日の午後で手続き時間トータル15分はなかなかに早いんじゃないでしょうか。

電話終了前に「交換機ってBand1に対応してますか?」と訊いたところ「Band4になってしまいますね」とのこと…。

Band1、Band4は電波の周波数帯域のこと。携帯会社ごとに割り当てられる周波数帯域が異なり、それによってエリアが大きく変わってきます。

Rakuten Miniはもともと日本国内で多くの会社が対応するBand1に対応していたのですが、生産途中で対応周波数の変更があり、そこから最終生産分まではBand1には対応せず、Band4に変わってしまっています。

(更新)「Rakuten Mini」の認証番号と対応周波数帯の変更について | その他のお知らせ | 楽天モバイル
「(更新)「Rakuten Mini」の認証番号と対応周波数帯の変更について(2020/7/2)」についてのお知らせ(楽天モバイル)

楽天モバイルはBand3(auローミングエリアではBand18とBand26)なので、楽天モバイルで使う分には問題ありませんが、楽天モバイルをやめて他の会社で使う場合、Band1が使えないとエリアが狭くなってしまいます。

そのこともあってBand1に対応しているか確認したんですが、そもそも1年3ヶ月で今回みたいなことが起こってしまう端末なんだったら、それ考慮する必要性もないかとも思って、Band4対応機が送られてくることを了承した上で電話を終えました。

電話してから2日で交換機が届く

電話してから2日で交換機が届きました。早い。

オペレーターさんが「オリンピックの影響で配送遅れるかもしれません」と電話口で言ってはったけど、発送地はなんと兵庫県の滝野社…。受け取りも西宮なのでまったく関係ありませんでした(笑)。

電話して2日後に交換機が到着。
電話して2日後に交換機が到着。

「でも滝野社なら配送拠点としては好立地よね…」とか思いながら、箱をあけて交換機と使っていたRakuten Miniを比べてみました。やはりだいぶ背面パネルが浮いてますね…。

右の交換機と比べると背面パネルが浮いているのがわかる。
右の交換機と比べると背面パネルが浮いているのがわかる。

データ移行がひとすじなわではいかない

交換機を受け取ったので、データ移行を進めていきます。ところがこれがひとすじなわではいかない…。

まず起動直後に出るアカウントコピーが何度やってもエラー。

Rakuten Miniどうしのデータ移行はエラーが出てできず…。
Rakuten Miniどうしのデータ移行はエラーが出てできず…。

Googleのバックアップから戻すことに成功するものの、今度はGoogle Playストアが真っ白。

eSIMの開通は楽天モバイルアプリを使うのですが、最新版でないとeSIMの設定ができず、Google Playストアが使えないと何もできない…。

最初のうちはGoogle Playストアのバージョンが古いから真っ白になると思っていたのですが、どうも自宅のWi-Fiでの接続ができなかったようで(Web閲覧とかはできてて原因不明)、iPhoneのテザリングを使ってようやくGoogle Playストア真っ白問題を解消できました。

楽天モバイルアプリも最新版になり、eSIM登録も完了。

データは結局移行せず、使っていたアプリをあらためてインストールすることで対応しました。

交換機はBand1対応・セキュリティアップデートは1つ前のまま

意外だったのはオペレーターさんに「Band4になってしまいますね」と言われていた交換機が、Band1対応だったこと。IMEIは新しめの大きい番号でしたが、しっかりとBand1に対応してくれていました。

交換機(右)は新しい製品だが、Band1に対応している。
交換機(右)は新しい製品だが、Band1に対応している。

アプリ以外の細かい設定部分を確認していて気になったのが、交換機のセキュリティアップデートが1つ前の「2021年5月5日」になっていたこと。

「アップデートをチェック」を押すと最新のに更新されるはずなのですが、押しても最新の「2021年7月5日」になりません。

最新のセキュリティアップデートにならない交換機(右)。
最新のセキュリティアップデートにならない交換機(右)。

公式サイトを見ると「2021年7月14日より順次」と書いているので、自動で降ってくるのを待ったほうがいいのかもしれません。

Rakuten Mini | ソフトウェアアップデートのお知らせ | 楽天モバイル
Rakuten Miniのアップデート情報とアップデート方法のご案内。最新ソフトウェアバージョンについてはこちらをご確認ください

そのほかはとくに問題はなかったので、今まで使っていた端末を初期化の上返送して、手続きは終了です。

返送の手順については手順書が箱に同梱されています。着払いの伝票にはご依頼主欄も記入されているので、そのまま発送の手続きができますよ。

交換機の箱には返送手続きの手順書が同梱されている。
交換機の箱には返送手続きの手順書が同梱されている。

Rakuten Miniの背面パネル浮きは保証切れでも問い合わせる価値あり

返送した旧端末は7月29日午前に楽天モバイルのセンターに到着したようで、今後問題がなければ交換手続きは完了。思っていたよりスムーズに交換ができてよかったです。

今後もRakuten Miniは使い続けたいですが、また同じようなことが起こらなかったらいいんですけどね…。新しい個体で改善されていることを祈るしかありません。

もし同様の事象で「保証切れてるしなぁ…」と思っても一度問い合わせてみるといいですよ。

Rakuten Miniの故障・修理受付に関しては、公式サイトにも手順が載っているので、確認しておくとよりスムーズに手続きできるので参考にしてみてください。

Rakuten Miniの修理・交換のお手続き | Rakuten Miniサポート情報 | Rakuten Mini | Rakutenオリジナル | 製品 | 楽天モバイル
Rakuten Miniの修理・交換のお手続き方法についてご案内します

コメント

タイトルとURLをコピーしました