神戸サウナ&スパで「スパワーク」。テレワークよりしっかりON・OFFの切り替えができるのでめっちゃおすすめ!

神戸サウナ&スパのエントランス楽しくはたらく
この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

体調を崩したのをきっかけにサウナに通い始め、日本サウナ・スパ協会のサウナ・スパ健康アドバイザーをも取得するくらいサウナにハマってしまいました。

阪神間に住む私が一番の気に入っているのが神戸三宮にある「神戸サウナ&スパ」でほんとよく通っています。

神戸サウナ&スパのエントランス
神戸サウナ&スパのエントランス

今の仕事がWebライターとウェビナーの配信サポートなので、必要な時以外は出かけなくてもいい環境にあり本当にありがたいのですが、もともといろんなところに行きたい、人と喋りたい人なので、自宅ばかりだとどうしても鬱々としてしまいます。

私は2011年から関西のコワーキングスペースのオーナーさんや利用者の方々と仲良くさせていただいていて、コワーキングスペースで喋りながら作業ができればなという想いもあるのですが、なかなかこのご時世難しいところもあり、Wi-Fiが完備されたカフェやファミレス、場合によってはホテルのデイユースなど、ひとりで比較的人の多くないところを見つけて作業している感じです。

その選択肢のひとつになりうるなぁと思ったのが、神戸サウナ&スパでの「スパワーク」でした。

スポンサーリンク

きっかけは神戸サウナ&スパの「スパワーク」プラン

そう思うようになったきっかけは、神戸サウナ&スパで提供していた「スパワークプラン」でした。(現在は休止中)

「スパワークプラン」案内ポスター(現在休止中)
「スパワークプラン」案内ポスター(現在休止中)

「スパワークプラン」は朝8時からよる23時までの15時間滞在可能で、その間いつでもサウナ・スパと電源・Wi-Fi(有線LANもあり)完備のビジネスコーナーの利用が可能。さらに昼食付き!

また通常利用では外出ができませんが、このプランでは外出ができますし、13時〜23時まではカプセルホテルでの仮眠利用も可能です。

これだけ揃って通常料金2,700円に1,200円プラスの3,900円で利用できてしまいます。

あ〜もう泊まっちゃおうかなぁ…という場合でも2,000円の追加でカプセルホテルへの宿泊も可能です。

ホテルのデイユースが3,500円〜5,000円くらいなので、個室をとるか天然温泉&サウナをとるかで使い分けができそうですね。

現在は休止中ですが、再開されたら使ってみたい。

スポンサーリンク

気になるビジネスコーナーの実力

神戸サウナ&スパの「スパワーク」の肝となるのはビジネスコーナー。
このビジネスコーナーは通常の利用者でも利用ができます。

ビジネスコーナーは6階の受付を入って更衣室に向かう途中右側にあります。

撮影がOKか不明なので、文章だけでの紹介にしますが、席数は全部で7席。

自習室スタイルでパーテーションで区切られたスペースに、デスクライト・コンセント1個・LANケーブルが備えつけられています。

メンズフロアビジネスコーナー(スパワークプランのポスターより)
メンズフロアビジネスコーナー(スパワークプランのポスターより)

テーブル右奥にスイッチがあり、パチっとするとデスクライトの電気が点きます。

神戸サウナ&スパでは、各階ごとに無線LANが飛んでいますが、暗号化されていません。

VPN経由で接続するか、ビジネスコーナー備え付けの有線LANケーブル、社内規定的に接続が難しい場合はモバイルルーター等を利用しましょう。神戸三宮の中心地にあるので、携帯の電波も問題なく入ります。

ビジネスコーナーで気になるところ

おおむね快適に使えますが、以下の点はあらかじめ気をつけておいたほうがいいところです。

静粛性はない

入口はしっかりつくられていますが、更衣室の一部をビジネスコーナーに充てているようなつくりになっているので、更衣室空間と完全には仕切られていません。

また一番奥の席上には換気扇がついておりしっかりファンの音がして「換気してくれている安心感」はあるものの静粛性はないので、気になる方はノイズキャンセリングのヘッドホンなどを使うと良いでしょう。

ビジネスコーナーにフリードリンクなし、持ち込みの飲食もできない

コワーキングスペースやシェアオフィスはフリードリンク、ファミレスではドリンクバーなどで作業中の喉を潤すことはできますが、ビジネスコーナー内は作業スペースしかなく、持ち込みの飲食も認められていないので注意が必要です。

ビジネスコーナーを出てフロントのほうへ向かうと左側に洗面コーナーがあるんですが、そこに紙コップとウォーターサーバーが用意されているので、それを利用するといいですよ。

またフロントではイオンウォーターの販売もありますし、8階の休憩スペースにもウォーターサーバーが用意されていますよ。

なお8階にもスペースは狭くなるもののコンセント付きのテーブルがありますが、有線LANケーブル接続はできず無線になりますが、それでも大丈夫であればそちらも利用しましょう。

スポンサーリンク

定食美味!

8階レストランで神戸サウナ&スパオリジナル「鶏の唐揚げ定食」(880円)を頼んでみました。

神戸サウナ&スパオリジナルの鶏の唐揚げ定食(オロポは別売)
神戸サウナ&スパオリジナルの鶏の唐揚げ定食(オロポは別売)

もも肉のでっかい唐揚げが5個にサラダにきゅうりの小鉢にお味噌汁にごはん。

たくわんとお茶まで!おなかいっぱいで至福です。

他に定食は「ハンバーグステーキ」「さばの煮つけ」「野菜炒め」「豚のしょうが焼き」などがあり、どれもおいしそう…。

あれ…仕事できるかなぁ…。

スポンサーリンク

短縮営業時の「スパワーク」の楽しみ方

神戸サウナ&スパでの「スパワーク」、現在プランとしては休止中ですが、現在の営業時間12時〜21時でめいいっぱい活用するとするならば、お昼軽く食べて12時過ぎに入館。

17時くらいまでビジネスコーナーで仕事をして、そこから天然温泉とサウナをじっくり楽しんで、19時過ぎからごはん。

ごはん後リフレッシュコーナーのリグライニングシートでまったりして、閉館時間の21時までという感じでしょうか。

緊急事態宣言が解除されて短縮営業が終われば滞在時間も長くなるので、さらに活用ができそうです。

スポンサーリンク

神戸サウナ&スパでの「スパワーク」はONとOFFをしっかり切り替えられる

神戸サウナ&スパでの「スパワーク」体験をご紹介しました。

家やカフェでのテレワークはONなのかOFFなのかわからない状況がずっと続いてしまうため、どこかのタイミングで「なー!」とか「あー!」とか叫びたくなる瞬間がたまにあるんですが、スパワークだと天然温泉・サウナに入ることでしっかりOFFの時間が作れるので、そういうのが減ったような気がします。

今回は私がよく行く神戸サウナ&スパでご紹介しましたが、他の施設でも作業ができるスペースをつくっているところがあると思うので、ぜひ探して行ってみてください。おすすめですよー。

スポンサーリンク

おまけ:阪神・JR・阪急の駅から旧東急ハンズのところまで地上を通らずに行けるようになった

ちなみに神戸サウナ&スパへ向かうには、JR三ノ宮駅、阪神・阪急の神戸三宮駅の西口から地上を歩いて、生田ロードを北上して、旧東急ハンズの交差点を左に曲がるのが王道ルート。

冬は寒く、夏は暑く、夜は客引きをかわしながら歩かねばならず「う〜ん…」と思う時もあったのですが、2020年12月に地下鉄三宮駅の東改札口と西改札口をつなぐ地下通路ができました。

神戸市:市営地下鉄西神・山手線『三宮駅東西連絡通路オープン』

阪神・JR・阪急側の東改札口を正面にして左側、定期券販売所のほうへ向かうと奥へ続く地下通路が見えてきます。

地下鉄三宮駅東改札口定期券販売所へ向かう通路
地下鉄三宮駅東改札口定期券販売所へ向かう通路
西改札口へ続く地下通路
西改札口へ続く地下通路

結構長い通路を歩いて西改札口のW1出口に出れば、旧東急ハンズ前の交差点に出ます。

ここから神戸サウナ&スパまでは歩いて1分。快適に移動できるようになりましたよ。

西改札口W1出口を出ると旧東急ハンズの交差点前。神戸サウナ&スパまで徒歩1分。
西改札口W1出口を出ると旧東急ハンズの交差点前。神戸サウナ&スパまで徒歩1分。

コメント

タイトルとURLをコピーしました