混雑する梅田は歩くよりもUMEGLE-BUS(うめぐるバス)を使えば快適・楽ちん!

旅・おでかけ




GW後半戦スタートしましたね。

私、GW明けから東京で会議なのですが、
会議に必要な大事なものを職場に置いてきまして…
仕方なく4連休初日の梅田に向かいました。

そうしましたら案の定、人、人、人…。

阪神梅田駅の周辺も、いつもは人が少なめの西梅田もハービスHALLで「鉄道甲子園」とかやっちゃってるから親子連れですごい人。

いつも人が多い御堂筋線梅田駅から阪急梅田駅への地下通路とか…
JR大阪駅からグランフロントへ抜ける通路とか…
まぁげんなりするわけです。

そこで、私初めて「UMEGLE-BUS」を使ってみました。

これが実に快適。

スポンサーリンク

理由1.乗ってる人が少ない。

もちろん混む時間もあるんでしょうけど、ピークタイムなはずの午後1時頃なのにこぶりな10席くらいしかないバスでも着席できましたよ。

IMG_2039

理由2.頻繁に走ってる。

約10分おきに来るし、バスロケーションシステム(=バスナビ)が導入されてるので、バスの位置がわかり、とっさに乗れる。

ヨドバシ前の交差点や阪急梅田駅→茶屋町あたりで遅れがちなので時間通りには来ないっぽいけど、路線が短いのとバスナビがあるのでイライラはそれほど感じません。

うめぐるバスナビ|グランフロント大阪

写真 2014-05-03 17 12 08 (1)

理由3.安い。

1乗車100円。
しかも1日乗車券はバス内で買えて200円!
2回乗れば元がとれます。

ICカードはPiTaPa、ICOCAをはじめ全国10種類の交通系ICカードとhanicaが使用可能。

100円均一ですが、ICカードは乗る時と降りる時両方タッチが要るので気をつけましょう。

理由4.意外とナイスな経路。

1.JR大阪駅[東]/地下鉄梅田駅→2.グランフロント[東]→3.阪急梅田駅→4.茶屋町→5.済生会中津病院→6.グランフロント[北]→7.グランフロント[南]→8.JR大阪駅[西]→9.西梅田→10.JR北新地駅→11.梅田新道[北]→12.阪神梅田駅/地下鉄東梅田駅→1.JR大阪駅[東]/地下鉄梅田駅
の12停留所の循環路線。

グランフロントに行く時は「2.グランフロント[東]」で降りれば(上のバスナビの地図参照)少し歩くものの北館と南館の間に着きます。

北館目当ての人は大混雑の2階連絡通路を使わずに済むし、帰りは「6.グランフロント[北]」もしくは「7.グランフロント[南]」(上のバスナビの地図左側のバスが居る場所)から乗れば、グランフロント西側の出入口が空いてますし「8.JR大阪駅[西]」まですぐなので楽ちん。

また阪急三番街や茶屋町が遠いと思っている阪神電車ユーザーやハービスやブリーゼ、大阪駅前第二ビルや北新地が遠いと思っている阪急電車ユーザーにも便利です。

UMEGLE-BUSを使って快適で楽ちんな梅田の移動を試してみてください!
IMG_2040

書いた人
山﨑 謙

1978年4月11日 大阪・高槻生まれ 西宮市在住

某スマートフォンのフィールドトレーナーとして関西を中心に全国で活動。鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使うほど。
本業以外にも喋ることが好きでイベントの司会をしたり、移動で得た知識を活用してライターとしても活動しています。

山﨑 謙をフォローする




旅・おでかけ移動術鉄道・バス
山﨑 謙をフォローする

関連する記事と広告


★ken.fm★