今年もありがとうございました

ひとりごと
この記事は約1分で読めます。

今年はいろんなところに行かせてもらえて
本当にやりたいようにやらせてもらって感謝の一年でした。
かといってすべてに満足ができるわけではなくて、
やはり陰な部分もいくらかありつつ、
その部分を毎年なんとかしたいなと思っていましたが、
でもそういうところを持ちながら
人間は生きていくんだろうなと思った年でもありました。

もっといろんなことをしたかったし、しなくちゃいけなかったけど、
とりあえずは自分が持っている仕事を
しっかりやってこれたことはすごくよかったなと。
ただ、それだけだと何も成長しないし、先の展望も見えてこないので
来年は仕事以外の部分ももっともっと伸ばしていけたらいいなと思っています。

今年もありがとうございました。来年もどうぞよろしくお願いします。

書いた人

1978年4月11日 大阪府高槻市生まれ 兵庫県西宮市在住

「豊かな移動」「黙旅」を突き詰める移動自体を楽しんでいた40代。
コロナ禍の閉塞感とまわりを気にし過ぎて自分を出せずに病み、過剰適応と言われ現在も心療科に通院中。
職が長く続かないことを逆手にいろんなところでいろんな仕事をする「移働家」として再起を図ろうと企み中。

山﨑 謙をフォローする
ひとりごと
山﨑 謙をフォローする
★ken.fm★

コメント

タイトルとURLをコピーしました