ざわざわ

この記事は約1分で読めます。

13日の金曜日だからか、朝から心がざわざわ。
学校に行く電車の中で目を閉じてちょっと落ち着いた。

たまに見たくもなく考えたくもないことと対峙しなくちゃいけない時があって、
そこに対する耐性を持ちたいなと思う今日この頃。

何があるかわからん世の中やから、日々自分がやりたいと思うことや他の人が楽しくなりそうなことなら、
くだらんことでも一生懸命やって、明日死んでしまうことがあっても「悔いない!」って言えるようにしたい。
その部分は全くブレないんやけど、ふと何かのきっかけで他人の目線に立った時に
自分がやりたいと思っていることは、人の役に立つことなのかとかをすごく考えてしまう。
普段「アウトローやねん俺は」とか思ってる割には他人には共感してもらいたかったり…。
わからんねぇ…(苦笑)。

こんなこと書くのはヘコんでいるのからなのかと言うとそういう訳でもなく、
どちらかというとボチボチ楽しくやらせてもらっている訳で、
ただえべっさんで引いたおみくじが「凶」だったことで、自分を見返すことも必要やなと思ってちょっと書いてみたひさびさのひとりごとでした。

書いた人

1978年4月11日 大阪府高槻市生まれ 兵庫県西宮市在住

「豊かな移動」「黙旅」を突き詰める移動自体を楽しんでいた40代。
コロナ禍の閉塞感とまわりを気にし過ぎて自分を出せずに病み、過剰適応と言われ現在も心療科に通院中。
職が長く続かないことを逆手にいろんなところでいろんな仕事をする「移働家」として再起を図ろうと企み中。

山﨑 謙をフォローする
ひとりごと
山﨑 謙をフォローする
★ken.fm★

コメント

タイトルとURLをコピーしました