憧れ

この記事は約1分で読めます。

憧れいっぱいあるんですよねー。困る。

旅の番組見てはいいなぁ。
所さんの世田谷ベースを見ていいなぁ。
東京いいなぁ。
伊豆、箱根、鎌倉、江ノ島いいなぁ。
北海道いいなぁ。沖縄いいなぁ。
海外いいなぁ。
友達が家建てて、いいなぁ。
小田急沿線いいなぁ(笑)。
いろんなところに行って楽しそうに仕事してるのいいなぁ。
(以上ヤマサキの憧れ。順不同・笑)

いいなぁっていいんですけど、羨んでばっかなんですよね。
ふと、我に帰った時に現実が待ってる。

今、その現実といいなぁをどれだけ埋められるかを一生懸命考えています。
自分もいいなぁって思ってもらえる側になりたいし、自分自身がいいでしょ?と思っていたいですし。

今夜は一番最後の羨み?(笑)いろんなところに行って楽しそうに仕事してる人にたくさん会ってきます。
めっちゃ楽しみ。

書いた人

1978年4月11日 大阪府高槻市生まれ 兵庫県西宮市在住

「豊かな移動」「黙旅」を突き詰める移動自体を楽しんでいた40代妻子持ち。
コロナ禍の閉塞感とまわりを気にし過ぎて自分を出せずに病み、過剰適応と言われ現在も心療科に通院中。
職が長く続かないことを逆手にいろんなところでいろんな仕事をする「移働家」として再起を図ろうと企み中。

山﨑 謙をフォローする
ひとりごと
山﨑 謙をフォローする
★ken.fm★

コメント

タイトルとURLをコピーしました