京都駅八条口の罠

この記事は約2分で読めます。

♪てててっ、ててててっ、て~れ~(←火サスのCM前の曲)
な感じのこのタイトル。
いやぁ、きれーにハメられました。八条口の罠に。

今日は京都の伏見で仕事でした。
以前、行ったことあったんですが、
阪神沿線に住んでる私にとって
伏見は京都の中でもアクセスしにくいところ。

前回は王道で阪神で梅田→御堂筋線で淀屋橋→おけいはん
というルートにしたんですが、電車の乗り換えが2回、
さらにそっからバス。
もっと楽に着けないか?と考えた結果、
阪神で梅田・大阪からJRで京都→市バスという
電車の乗り換え1回、そっからバスというルートを見つけました。

ということで、京都市バスの「洛ナビ」で下調べ。
京都駅の南側なので、八条口から乗るんやなと思って、
「京都駅八条口」のバス停の時間を調べて現地へ向かいました。

で、今朝。乗るバスのバス停が見つからない…。
京都駅八条口と言えば新幹線降りたら必ず通るところで、
遠方から来る人は馴染みがあっても、
京阪神に住んでる人にはイマイチマイナーな存在。

各社高速バスなどのバス停はあるものの、
市バスの「京都駅八条口」のバス停が見つからない…。

ふと思い出したのは、「京都駅八条口アバンティ前」。
そうだ!南から出るバスはアバンティの前から
出るんだったと思って猛ダッシュ。

しかし、乗りたいバスの乗り場見当たらず…。
しかもそこで「京都駅八条口アバンティ前」と
「京都駅八条口」のバス停は別物であることが判明。
混乱に拍車がかかる(苦笑)。
結局どこが自分の乗りたいバスの乗り場かわからないまま時間が過ぎ、
最終的には近鉄に乗って仕事場へ向かいました…。

家に帰って改めて調べてみたところ、
八条口のちょうど南北通路のたもとらへんにあったようです。

でも、もう間違えたくないので、
明日は京都駅北側のメインの乗り場から乗ろうと思います。

八条口、恐るべし。

書いた人

1978年4月11日 大阪府高槻市生まれ 兵庫県西宮市在住

「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。
鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使ったほど。最近は飛行機にもハマる。
2019年から複職人に。移動系記事のライターをやってますが、喋ることが好きでイベントの司会も。

山﨑 謙をフォローする
日記
山﨑 謙をフォローする

関連する記事と広告

★ken.fm★

コメント

タイトルとURLをコピーしました