1ヶ月、4年、33年。

この記事は約2分で読めます。

●1ヶ月
昨日で東日本大震災から1ヶ月。
まだ1ヶ月なのか、もう1ヶ月なのかもわからないですし、
何をすることが正しいのかもわからないまんまです。
ひょっとしたらあの震災は「正しい」という概念を
ことごとく壊してしまったのかもしれません。
1ヶ月の節目を大切にする人間をあざ笑うかのように
幾度も襲う余震にふとそんなことを感じました。
とにかく今はひとりでも多くの方が不安から逃れられるよう願うばかりです。

●4年
昨日で結婚して4年目を迎えました。
本当に妻はよくついてきてくれてるなと思います。
もっとやりたいことがいっぱいあるはずなのに、
自分の不甲斐なさで叶わない今を悔しく思いつつ、
それでもささやかな幸せを感じる毎日に感謝をしています。
よく3〜4年で倦怠期を迎えるとか言われますが、
僕が彼女を想う気持ちは年々大きくなってきています。

●33年
昨日で33歳になりました。
メール、Twitter、Facebookで多くの方からおめでとうメッセージをいただきました。
本当にうれしかったです。ありがとうございます。

僕は大学卒業後就職せず、いろんな職種を渡り歩いてきているので、
残念ながら仕事の同期というものがいません。
なので最近就職した人には会社そして同期を大切にしてほしいなと思います。
渡り歩いていく中での手詰まり感は徐々にやってきます。
僕が言うのもおかしいですが、続けることが大事やと思います。

でもそう思ったのは、渡り歩いていく中知り合った人達が、
あくまで点でしかなかったからです。
(言い方悪いんですけど、それが一番わかりやすいのでそう表現します。
 気に障った方は本当申し訳ないです。)

しかし、それが今いろんなツール(特にTwitterやFacebook)の力を借りて
徐々に点と点が線になっていっていることを感じます。
そしてその線はさらに僕の知らない新しい点を結びつけてくれています。

不安もいっぱいあるけど、その先の未来を信じて進む。
そしてそのために今何をしていくべきなのかをめっちゃ考えています。

僕は就職をせず、いろんな仕事を転々としてきたダメ人間ですけど、
ひとつだけ言えることはいろいろ起こることに関して無駄なことは何もないということ。

それをいかに糧にして、これからの人生を歩んでいくかやと思っています。

日々起こるいろんなこと、お会いするみなさんに感謝しつつ、
早く恩返しできるようにしていきたいと思う今日この頃です。

書いた人

1978年4月11日 大阪府高槻市生まれ 兵庫県西宮市在住

「豊かな移動」を突き詰める移動自体を楽しむ人。
鉄道が好きで北海道の出張に寝台列車を使ったほど。最近は飛行機にもハマる。
2019年から複職人に。移動系記事のライターをやってますが、喋ることが好きでイベントの司会も。

山﨑 謙をフォローする
ひとりごと
山﨑 謙をフォローする

関連する記事と広告

★ken.fm★

コメント

タイトルとURLをコピーしました