もどかしさ。

ちょっと前の話、仕事でミスってクライアントさんを怒らせてしまった。
理不尽な部分もあって、最初はすんごい腹立ったけど
よくよく考えてみると今まで自分がしてきたことが積み重なって
こうなった部分もあるから、そういうところも含めて
素直に謝罪しなくちゃいけないなと思ってたんやけど、
ビジネスやから謝らなければいけない部分と
謝らなくてもいい部分があるみたいで
それに則って謝罪に行ったら、失敗…。
「謝罪じゃないですよね」って言われてしまって
余計関係が悪くなってしまった。
めっちゃヘコむ。
それやったら最初っからそこらへん含めて謝りゃよかったとも
思ったんやけど、それでも会社の責任の部分を明確にするためにも
あくまでも今回の悪かったところだけを謝ることをしなくちゃいけない。
そこらへんの駆け引きというかバランスが難しい。
素直に自分の思ってることを言って謝れたら楽なんやけどな…。
ビジネスやからそうもいかないんよなぁ。
もどかしいことがもうひとつ。
キャンペーンで新しいことやってスタッフさんから意見をもらった。
レポートみたいにまとめてくれて、
現場にいるからこそ感じることをいっぱい書いてくれた。
そのままクライアントさんにもお見せしたいなと思ったんだけど
これもビジネスやから必要なところをザッピングして
お話しなきゃなんない。
これじゃ、スタッフの生の声届かんよなとか思いつつ、
でもそのまま出しちゃうと会社として「どうなの?」って
思われてしまう危険性もはらんでるんやろうなと思ったり…。
やっぱ難しい。
全ては「見せ方」ってことになってくるんやろうけど、
この「見せ方」ってのに慣れへん。違和感を感じてしまう。
素直に伝えられたらなっていつも思ってしまう。
心から感じたことを伝えて仕事することってできひんのかな?
人の心ってそういうので動かされるもんやと思うし。
どうもいろんなしがらみに捕らわれて、
心から思ったことを一旦収めなくちゃいけないってのが
腑に落ちひん…。
でも、仕事してる人ってみんなそういうのを乗り越えて
やってってるんやと思うとまだまだ自分の考えが甘いんやろうなぁ。
うーん、なんか自信なくしちゃったなー。次の行動をとるのが怖いです。

LINEで送る
Pocket